未分類

ロザベルという指図とマンスフィールド。

去年の秋口、必ず残る読物を探し出したくなり、めずらしく公立の書斎に足を運びました。それほど時間も無かったので、美術家ニックネームで書斎の蔵書を検索してもらいました。自身が探していたのは英国のおばさん美術家、キャサリン=マンスフィールドの読物でした。見つかったものの中から、思い切り古くさい二冊を手にしました。奥付には、まだまだ驚くほど昔の発表日光が記されていました。もはやゼロ冊は最近の付与。全て短編だ。自身には内容がありました。それは主人公の名前が「ロザベル」という名前の短編を捜しあてることでした。どうにも一度和訳されたものを読みたかったのです。三十カテゴリー前に読んだその小説はEnglish。カレッジでの必修課程であった英語�Tの文でした。本当はこういう「ロザベル」、何度も何度もカレッジを出たその後も思い出していたのです。チャットではなく「ローザーベールーッ」という、こういう講義担当の命令の「悲鳴」なのです。あれほど初老の男が切なみたいに名前を呼ぶほどのロザベルは、どんな主人公だったのか、それを掴みたくなって来たのです。Englishでは自身には難し過ぎました。借りた読物も目を通し、ネットでも一生懸命探しました。ただしこういうロザベルを描いた小説は見つかりませんでした。付け加えると、こういう命令は「ローザーベールーッ」といった教室でニックネームを呼ぶと、しっかりその直後にその教壇から三段跳びまでしたのです。そこまで気持ちの高揚をもたらす小説はいかなるアイテムかと自身は掴みたかったのです。こういう命令は、六十五年位のお客様で、風呂敷を愛用し、「ローザーベールーッツ」と大きな声を出すことと、三段跳びをする以外は、命令らしき趣を持っているお客様でした。一斉中断していますがロザベルに「再会」することは諦めないようにしようと思っています。あのときの命令の面構えは、演出でとれるものではないと自身は思っているのです。鈴村あいり動画ナビ|すずむらあいりの人気エロ動画ランキング