未分類

ジーンズを履きこんで出向く醍醐味

ブルージーンズが好きです。
何十万円も始める良質ビンテージジーンズを買いあさるほどの奴隷ではありませんが、他の衣類には無い自分で履きこんで出向くため自分だけに馴染んで出向く指定イメージが愛する。
ウール着衣や、綺麗なシャツ、ケバイウエアなどは、着ればはおるほど古くなって赴き、色褪せていきます。ですから、お気に入りのウエアほどなるべくはおる回数を抑えてここぞという折だけ着けるようになってしまう。
せっかくの大好きだったり、奮発して買ったドレスアップ着なのに本末転倒な気がしますが、そんなものだ。
着ていつぞやのぼる=トラブルに関して、出先でこすれてしまったり変色がつくってがっかりするし、それほどしないように気を使うので疲れてしまいます。
一方ジーンズは、買ったばかりの色合い落ちしていないぴかぴかな状態は寧ろ未完結で、ある程度履き込んで色合い落ちしたり、すれたりして初めてジーンズらしくなる。
ですから、周囲への買い出しも、家の中でもできるだけ長く履いて素早く自分だけのジーンズに育てたいという気分になります。
すれたり汚れたりはやっぱり自分らしいフレーバーになります。
着て古く罹る=プラスと感じることが出来る安い衣類だ。
なので、小さな探訪も、歩き回ってこすれたり皺が色合い落ちしていくためにプラスになっていると見えることが、ウエアを着る楽しみになります。
ドレスアップ着、スーツと比べると、クォリティーやつくりだけでなく、いつぞやなってもいいと感じて力一杯くつろげることが衣類としてのメリットって性質に繋がっているのではないかと思います。ライン掲示板でIDを交換するならココ