An Accountantタイトル

公認会計士

公認会計士とは会計系の資格の中で一番難しいとされている国家資格であります。
公認会計士(会計士)という言葉はほとんどの方が聞いたことがあると思いますが、公認会計士がどんな仕事をしているのかはあまり知られていないと思います。

監査業務

監査という言葉はニュースなどでよく聞くと思います。
企業の貸借対照表や損益計算書などといった財務書類を見れば経営状態を知ることができるのです。
債権者が金銭などを貸すときや投資家が企業に投資するときなど、財務書類を基に経営状態を見て、金銭を貸すのが妥当か、又は投資するのが妥当なのかを判断するのです。
もし、その肝心の財務書類が現実の経営状態を反映していないものだったら、債権者や投資家などの利害関係人の判断の基礎となる財務書類が間違っているのですから、正しい判断することができなくなります。
そうなってしまうと経済全体、資本主義に関わる問題になるので、企業の経営状態を示す財務書類と企業の現実の経営状態が整合しているかチェックする公正な第三者機関が必要となります。 そのチェックを監査といい、その結果をまとめたものを監査報告書といいます。
利害関係のない第三者が監査を行うことによって利害関係者が正しい判断をし、融資や投資などが可能か判断できるようにします。 この監査を行うのが監査法人であり、監査法人は公認会計士資格取得者の有力な就職先の一つでもあるのです。
監査に対するニーズはいつの時代にもあるので監査法人は安定した就職先と言えるでしょう。
監査には法律で行うことを義務付けられた法定監査と企業などから依頼を受けて行う任意監査が存在します。 法定監査には商法特例法に基づいた資本金5億円以上または負債額200億円以上の株式会社に義務付けられた監査で、労働組合法に基づいた労働組合の収支に関する監査などもあるそうです。

注目サイト

石垣島 シュノーケリング
http://www.umimelo.com/
伊豆高原の不動産販売
http://www.kougenjisyo.com/
トランクルーム探し(中央区の格安ルーム)
http://www.t-group.co.jp/s-box/
名札・ネームプレート
http://www.nafuda.jp/
代官山 ヘアサロン
http://union-hair.jp/

最終更新日:2015/2/12

税務業務

公認会計士は税理士会に登録することによって税理士と同様に税務業務を行うことができるのです。
税務の代理や税務書類の作成、税務相談などといった税理士だけが行える業務も行うことができるです。
税理士会に登録さえすれば公認会計士は税理士が行う全ての業務を行うことができます。
また独立を考えている人は公認会計士事務所を開くだけでなく、税理士としても開業することができます。会計業務の繋がりで税務の仕事を紹介してもらえたり、専門サイトに登録するなど税理士としての道も十分に活用できます。そのような方法を考えておくとベストかも知れません。

MAS(コンサルタント業務)

MASとは、マネージメント・アドバイザリー・サービスの略で、企業の経営について相談や助言、提案などを行う業務であります。
経営に関するコンサルティング業務を行い、MASに関する知識や監査業務、税務業務などで得た知識と経験を活かして企業の経営や財務、税務などについて相談、助言などを行うことができるです。

 

その他の業務

公認会計士の肩書きを活かして、講演や執筆活動など行うケースもあります。

An Accountantトップバー